ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

女性版星飛雄馬?両手打ちはフットワークが肝?!

   

矯正ギブス

こんばんわ!maijunです!

ちょっとフォアハンドの修正をしようか?と思い色々と検索してみたら凄い酷使トレーニングを発見。これは女性版星飛雄馬なのかもしれません。矯正ギブス凄い!

以下ご紹介

SPONSORED LINK

きっかけは両手打ち

日曜テニスサークルにて「フォアハンド打つ時に低いところで打ってますよ」と指摘をいただき、どうやって修正しようかなと考えたところ手っ取り早く両手打ちが良いんじゃない?と考えてちょっと調べてみました。

すると以下のサイトから動画を発見。
テニス フォアハンド 両手
すっきりしました!

ギブスみたいなチューブをつけて両手打ちトレーニングをしているじゃないですか!
相当辛そうです。

つれ~!実質つれ~!

 

両手打ちはフットワークが必要

すでに識者なテニス経験者ならご存知かと思われますが両手打ちの場合リーチが短くなります。

片手で持っていたのを両手に変更するのでやはりボールとの距離を詰める必要が出てきます。そうなるとボールに詰める為に移動しなければならない!

そう!たくさん走る必要性が出てくるって事ですね。

だから足腰鍛える為に、動画に出てくる女子選手は大リーグ養成ギブス的な負荷がかかるチューブを装着して移動制限しているという次第。

フットワーク力を鍛えるためとはいえこれは辛すぎる。
プロって相当の努力をしているのが判ります!

 

まとめ

私はテニスは全くの素人に近いのでフットワークやストロークなど課題が盛りだくさん。両手打ちで矯正しつつストロークの精度を上げるってのは確かにありですが、あんなにいっぱい走れるのかは疑問です。

しかし幸いなのがひとつ。

テニスはシングルスほとんどせずにダブルスオンリーです。

まだ走る距離が少なくて済むので、もしかしたら両手打ちをきちんと修めればよいのかと一人期待!

次のテニス練習時からトライしてみます>両手フォアハンド

 - つぶやき , , ,