ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

ダブルスのレシーブ強化で3対2!?

   

ダブルス前衛の役割

こんばんわ!maijunです!

先週、久方ぶりにダブルスのローテーション練習をした時に感じたこと。
「すげー!どんだけレシーブ拾いまくるんだ?」

上級者のレシーブ力に驚いたお話をご紹介

SPONSORED LINK

息が止まるわ!

先週金曜日にダブルスの練習でノックやローテーションをさせてもらいました。

白川小学校で練習

ノック練習では球出しをしてもらい、中途半端なハーフ球を後衛が前に詰めながら攻めるというローテーション練習をしました。

ローテーションしながら前に詰めてそのままプッシュで決めるという流れですね。
まぁノックなのでずっと出しっぱなし。

プッシュで打っても相手はレシーブしないので、そのままずっと打ちっぱなしという訳ですよ。
もうね。。。

息が止まっちゃう!!

 

ずっと拾う!こんなに拾う!?

ノックで常に打ち続けた後は、2対1でのローテーション&プッシュ練習です。

シャトルを打ち続けて前衛が抜かれたらローテーション。前衛は決まるまで常にプッシュを打ち続けるという事なんですが相手をしてくれた上級者の方の凄いこと。

「どんだけ拾うんだ?」
「くっそー!決まらない」
「もうやだ!」

緩急つけて落とすとなるとプッシュ練習にならないので、コースをついて攻め続けていたのですが全部拾ってきたのにびっくりでした。

なぜにあんなにレシーブ上手なんだろう?

 

3 VS 2 でレシーブ練習してみるのは?

その様子をみて感じたこと。
自分がレシーブ力を磨くとしたらやっぱ多い人数で攻めてもらう方が良いかと思われます。

たとえばこんな感じに3vs2で攻め続けてもらう↓
レシーブ練習

3人の方がずっと攻撃。
2人の方はずっとレシーブ

そんな感じで習得したいレシーブ技術を集中特訓するのがたぶん肝じゃないでしょうか?

 

まとめ

上級者の方のようにずっと拾いまくるようになると攻める方も実は疲れるんですよね。あとは根負けして緩急つけて落として揺さぶるって流れを良く見かけます。

揺さぶられてもしっかり追いついて、粘って粘って返し続けると見ている方も結構楽しくなってくるんじゃないでしょうかね?

とりあえず機会があれば3vs2の練習をしてレシーブ力強化につとめてみます♪

以上!レシーブ力に驚いたお話でしたん。

 - つぶやき , ,