ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

両手打ちはエライ打ちづらい!基本に戻ってストローク練習

   

サンデーズ練習日

こんばんわ!maijunです!

ストロークの矯正をせにゃってことで両手打ちを試してみたんですが、エライことになりました。

やっぱ基礎からやり直したほうがよさげです。
以下備忘録!

SPONSORED LINK

両手打ちしてみた!

さて硬式テニスのストロークにてサークルメンバーから「ストロークを下で打ってるよ!」と以前から指摘されていたので、直近の日曜テニスサークルにて矯正する為に両手打ちで試してみました。

右手を下、左手を上という風にグリップ握って打ってみたところ・・・

空振りしました!
めちゃくちゃ打ちづらい!

感覚が今まで違うのでとても慣れない、慣れることが出来ませんでしたよ。

とくにボールとラケットの距離が片手打ちとは思いっきり違うので、振ってみたら全然遠くて空振りの連続。

ありゃダメだわ>両手打ち

 

基本に戻って習った

両手打ちがエライ打ちづらかったので諦めて、基本に戻って片手フォアハンドストロークをサークルメンバーにご指導いただきました。

ラケットヘッドを下げて上に上げるようにスイングする。
手は伸ばし過ぎない
リラックスしてしなるように!

いろいろと習ったのですが、ちょっと個人的に感覚的に「これだ!」と思ったのが以下のスイング動画。

前で捌くようにスイングするのが非常に打ちやすかったです。

今までは横(特にひざ下)あたりで降っていたのを、右前あたりでビンタするような感じでスイングするような感覚です。

その打ち方だとストロークも威力が出て、スピンが掛かりやすかったですね。

 

まとめ

人によってスイングや打球感など感覚は異なると思うのですが、大事なのはそれを身につけるように反復練習する事です。

何度も何度も同じように意識してスイングしつづければ、体に染み付きますので地道にずっと続けるしかありません。ここれで忘れてひざ下あたりでスイングするように戻っちゃうと意味ナッシンぐ!

とりあえず毎週日曜日のテニスサークル時に意識し続けてトライしてみます!

以上。基本に戻ってストローク練習のお話でした。

 - つぶやき , , ,