ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

前衛で捌くのが早過ぎる!ヘッドアップが超速でした。

   

火曜日練習

こんばんわ!maijunです!

バドミントンの前衛ですべて捌いて叩き落とす人っていますよね?
反応が速いというのかタッチが速いというのか・・

見ていて羨ましい限りです!
そんな捌くのが速い人の様子を観察したので備忘録。

SPONSORED LINK

全部前で処理

火曜日の社会人サークルでの出来事。
ゲーム練習にて対戦された方が尽く前衛でカットし得点を重ねて行きました。

浮いたサーブをプッシュしても即反応してカウンターなど激速で尽く失点。

まぢか!

失点してしまいましたが少し感心しその様子をじっくり観察しました。

 

ラケット上げるの速い

なぜにこんなに速く反応してるんだ?と思い、ペアがサーブレシーブする瞬間にじっくり様子を見てました。

すると反応が速いというよりもサーブを打った後に、流れるようにラケットヘッドをたてて準備している様子が判りました。

しかもラケットだけでなく肘も肩付近まで上がっているので、頭付近に飛んでくるのは全自動追尾モードで処理しているっていう具合でした。

反応が速いというよりも準備が速いというイメージですね。

 

打ち分けてる

もう一つ気付いた事。
前衛でカットする際に二通りの打ち方で処理していた事。

ラケットヘッド上げて振るパターンと、打球に面を合せるパターン。

打球が遅い場合には振りきって処理していたのですが、速い展開で打ち込まれた際には振り切らずに面を合せて処理しているのが判りました。

なるほどね~
使い分けね~φ(..)メモメモ

 

まとめ

さてゲームの結果ですが、ちょっと考えて対策し無事勝利。

前衛で攻めても処理されてしまうので、あえて打ち込まずにヘアピンやドロップなど緩い球種で崩し、ロブを上げさせてスマッシュを打ち込むというパターンに持ち込みました。

また味方ペアがうまい具合にサーブを沈めてくれるとロブを上げてきたので、それも尽くスマッシュという感じで得点重ねていきました。

しかしスマッシュ打ったのを突っ込みながら前でレシーブしてきたのにはびっくり。よほどラケットワークに自信があるんだろうなとビビりました。

とにかく。。

前衛で捌くには反応よりも準備を速くする方が効果的のようです。
とりあえず真似して次回に備えてみます。

以上!捌くのが速い人の様子備忘録でした♪

 - つぶやき , , ,