ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

二度目のラケット直撃!やっぱり頭は硬かった!

   

ラケット直撃

こんばんわ!maijunです!

以前にもラケットが頭を直撃する事がありましたが、本日もおもいっきりありました。

結論:やっぱり頭は硬いのです。

SPONSORED LINK

実業団団体戦にて

本日11/1に沖縄県実業団職場・クラブチーム対抗団体戦がありました。

第32回沖縄県実業団職場・クラブチームバドミントン大会|沖縄県バドミントン協会

今回は現在練習を行っている糸満市バドミントン40代の部チーム+若者1人の合計6人で参加しました。

そこで事件が起きてしまったんです。

 

初戦で直撃

さて今回起きてしまった事件とは、後衛がスマッシュでフルスイング。前衛の頭に極撃という内容です。

よくペアを組む同級生が後衛、私が前衛って時にそれが起きてしまったんです。

これ↓
直撃スマッシュ

いやぁ〜!
すごく凹んでいますね。まさかここまで変形するとは・・・

ちなみに私は過去にも同級生から頭を叩かれた経験があります。

ラケット vs 頭頂部・・・勝者はどっち?

その時も頭が硬くて勝った次第です!

しかし不運なのはそのラケットの持ち主の同級生。
今年二本目のラケット破損とは・・

 

叩かれた時の対処法

スポーツなどで間違って味方をぶっ叩いてしまう場合、叩かれた方の対処法として以下気をつけてみました。

・痛がらない
・動揺しない
・気にしない
・ペアをフォローする

まぁ前にも叩かれてペアが相当焦っていたのを見ていたので、ある程度対処法は心得ていて取り組んだ次第です。

叩かれた時の被害として、頭の場合だと「たんこぶ」できるぐらいで済むのですが、一番の被害はやはり叩いた方の精神的動揺だと思うんですよね。事実今回もいい感じで得点重ねていた同級生ペアが、叩いた後には連続得点が途切れてしまったんです。

普通おもいっきり人をぶん殴る経験ってのはあまりしないので、間違って叩いたら動揺しちゃうんですよ。

な・の・で!

試合中は痛がらないようにつとめました。
まぁ事実あんまり痛くなかったんですけどね〜

 

まとめ

残念ながらそのラケット直撃があった初戦はチームとしても敗退してしまった訳ですが、その後は無事連勝。
しかし予選二位で敗退という残念な結果でした。

ラケットが折れてしまった同級生ですが、ちょうど私もラケット切り替え時期で、予備にまわす予定のボルトリック80でしたので互いに使用予定なしのラケットと交換した次第。

前衛は後ろが見えないので叩かれてしまうのは仕方ないのですが、ここで大袈裟に騒ぐと後衛の方がおもいっきり振れなくなっちゃいます。

交換して同じラケットを入手した同級生ですが、今後も気にせずおもいっきり使い慣れたラケットでフルスイングしてほしいですね。

以上!スマッシュされても頭が硬いので気にせずプレーしてくださいっていう話でした。

 - つぶやき , ,