ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

得点パターンを見つけたら繰り返しを意識してみる。

   

糸満小学校にて

こんばんわ!maijunです!

7/3(日)週末に市町村の支部対抗大会があるという事で、パートナーとなる方とのダブルス練習を兼ねながら新しいサークルへお邪魔してきました。

ゲーム練習がメインなのですが、そこでプレーしながら気づいた事があったので備忘録。

得点パターン見つけたら繰り返そうっと!

SPONSORED LINK

相手バックサイドへストレート攻撃

基礎打ちが終了後に9人でダブルスゲーム練習を行う事になり、何度かくじを引いてコートに入りました。

初めて訪問したサークルで対戦やペア組みしたことが無い方もいらっしゃって、ちょっと戸惑ったのですが、最終ゲームになる頃には慣れて普段どおりプレーが出来るようになりました。

糸満小学校での練習に参加

その最終戦での出来事です。
相手ミックスダブルス女子に対して、当方後衛からスマッシュ、返球を前衛で捕まえて叩いて得点するというシーンが序盤二度ほどありました。

スマッシュコースは相手バックハンド側なので、あまり大きく返球されずにネット前に返ってくるのが判った次第です。

よしよし。これ覚えておこう。

 

忘れた頃に繰り返す

上記得点パターンが判ったので三度ほどこれで得点が出来たのですが、ずっと同じ攻め方では対策されてしまいます。

ゲームの流れとしても流動的ですので、違うパターンで得点していったのですが、さっきの得点パターンは忘れないようにしていました。

なぜなら・・・

「得点したいシーンで使いたいから!」

相手が忘れた頃合いに見計らっていたのですが、チャンス玉が上がってきたので私が後衛から同じようにストレートスマッシュ。

ペアの前衛できっちり決めて得点出来る事ができた次第です。

 

まとめ

相手の穴とか探して得点パターンを作っていくって、なかなか忘れがちになるのですが、しっかり意識しておけば後々思い出したりします。

いろんな得点パターンを見つけて点数を積み重ねて勝利する方法と、「絶対これなら点を取れる」という方法、攻め方にはいろいろとあるはずですが、どちらにも言えるのが考えて頭動かすこと。

私は体力・技術面で劣っているので、少しでも脳みそ使って補わないといけないって前から感じてます(考えるのは無料ですしね。

とりあえず週末の支部対抗大会も脳みそ使って楽しみながら参加してみまーす!

 - 技術雑感 , ,