ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

【残り僅か!】minton支援額達成まで間近。皆さん急いで!

   

支援額まで残り僅か

こんばんわ!maijunです!

以前ご紹介したバドラーの為のポータルサイト「minton」ですが、資金造成のためのクラウドファンディングがもう少しで達成しそうになっています!

残り僅かですので、是非みなさん支援を!!
以下ご紹介。

SPONSORED LINK

目標額50万円がもう少しで!

以前ご紹介したバドラーの為のポータルサイト「minton」ですが・・

バドミントンのメジャー化の足掛かりに。
バドラーのためのサービス「minton」を作りたい!

バドミントンのメジャー化の足掛かりに。 バドラーのためのサービス「minton」を作りたい!

大手企業や日本協会の支援などなくクラウドファウンディングを通して、個々人の支援により金額が40万円以上集まっていました。

418,000円

49人の人が支援して残り13日で418,000円という状況は素晴らしいですね。
私もサクッとクレジットカード決裁で支援させて頂きました。

(紹介しておきながら支援忘れていたというね。アホや)

ちなみに先日ご紹介したのは以下内容です。

バドラーの為のサービス「ミントン」。。大手が支援すれば即達成?!

 

大手は支援なし?

さて支援額としては目標達成間近になっているのですが、気になったのはその支援内訳です。

ほとんどが個人で支払える額の支援なんですが、5万円以上の支援メニューを選択している方はどなたもいらっしゃいませんでした。

つまり先日案内したとおり「大手が支援すればサクッと達成」ってのが、まだの状況です。

とくに法人プラン30万円というのは残念ながらどこも支援していない様子です。

日バ協会やヨネックス、ミズノ、ウィルソン、薫風など多数バドミントンに絡む企業や団体もあるのですが支援無いというのは、注目してないのか?それとも支援額が30万円だと高額という事なのでしょうか?

実績として未知数なのは判りますが、ここいら辺はちょっとどう考えているのか企業団体の方のご意見も聞いてみたいなぁ〜

 

まとめ

第一目標支援額として50万円が設定され、それももう少しで達成しそうな勢いです。

このまま第二、第三目標額まで一気に突っ走ってサービスインし、利用者が増えて各種協会が無視できない存在になれば面白いと思うんですよね。

バドミントン競技の分野で受付システムは標準化されていませんので、先手を打って普及をすれば益々利用者が増えると思うんです。

バドミントンプレイヤーや大会運営する各種協会役員にもメリットがあると思いますので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいませ。

以上!バドミントンの為のポータルサイト minton クラウドファンディングご案内でした。

バドミントンのメジャー化の足掛かりに。 バドラーのためのサービス「minton」を作りたい!

 - つぶやき ,