ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

後衛からの観察でサーブコースをパクってみる!

   

南風原中での練習

こんばんわ!maijunです!

対人スポーツの場合、相手がいて対戦するのですがその相手をじっくり観察するのって結構大事じゃないでしょうか?

シングルスの場合だと一人。
ダブルスだと二人。
チーム競技だと多数の人で観察できますよね?

火曜日バド練習でダブルス時に気づいたので、ペアのプレー内容をパクってみたお話です。

SPONSORED LINK

ダブルス後衛から気づいた事

いつもお邪魔している火曜日社会人サークルでの出来事。

日曜日に試合があるということで、ペアを固定してのゲーム練習をずっとぶっ続けで行っていたのですが、そこでちょいと気づいたことがありました。

私が後衛にいてペアがサーブを打つシーン。
ペアの方がロングサーブを山なりに打ったのですが、相手の方がバックステップせずにその場で飛びつきカットしようとしてました。

火曜日バドにて

高いロングサーブでしたので、ジャンプしても届かずそのままサーブが決まりポイントゲットした次第。

ふむ。
バックステップしないのか・・

ちょっとこれは自分のサーブの時に試してみようと気づいた次第。

 

パクってみた

さてバックステップしないのに気づいたので、私がサーブの際に同様に山なりの高いサーブを打ちました。

速度は速めの高いサーブです。
するとまたもやバックステップせずに、そのまま飛びつきジャンプされました。

しかしサーブが高いのでギリギリ届かずシャトルをかする程度でサイドアウトしてしまいました。

あ・・やっぱりバックステップしなかったわ。

サーブ打った後に観察結果が正しかったのを把握した次第。

 

まとめ

ここで自分自身でも注意しなきゃなと感じたのが以下の点。

シャトルを打たない時でもじっくり観察する事。

対人競技ですので相手がいる事は確か。
じゃぁ相手がどんなプレイヤーなのかをシャトル打たないときも、見なきゃならんなって事ですね。

以前飲み会の際に、大先輩から「負けた相手の次の試合をじっくり見ないと!」って叱られたことがあります。それと同じですね。

試合中で自分がサーブの番じゃなくてもコート上で観察することは大事だと思うので、何気なしに見るのではなく観察するよう心がけて行きたいものです。

以上、後衛からの観察でサーブコースをパクってみたお話でした。

 - 技術雑感 , ,