ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

【ジュニア練習】フットワーク練習。一緒に基礎からやり直す。

   

北丘小学校練習

こんばんわ!maijunです!

大会参戦も一通り落ち着いたので、みっちり基礎からやり直しはじめています。40代のおじさんが・・

しっかし子どもたちは軽やかだわ〜

SPONSORED LINK

足腰強化開始

大会も終了しトレーニング期に突入しましたので、ランニング活動を再開しました。

膝痛が怖かったのでランニングは控え気味でしたが、しばらく試合もありませんので膝サポーターを装備してのランニング。

目的としては心拍機能の向上と足腰の強化です。

・試合中に体力がへばって息も絶え絶えになる。
・速い展開でシャトル振られた場合に追いつけない。

上記課題解決するために、足腰強化は以前から課題だと認識しているのでランニングでのトレーニングですね。

特に注意しているのが上り坂。
絶好の脚力強化ポイントだと思うので、ペース速めて裏腿や脹脛周りの筋肉を意識して登ってます。

また腰を立てて前傾姿勢も忘れずに実施。
前に倒れ込む姿勢のほうが楽に登れる気がします。

 

ジュニアと一緒にフットワーク練習

水曜日にお邪魔していたサークルの練習日が木曜日に変更となりました。

そのおかげで娘が水曜日に通っているジュニアバド教室に引率できるようになったので、一緒に本日から練習スタート。

フットワーク練習

「一緒に」と書くと語弊がありますね。
あくまでもメインは子どもたち。

後ろで邪魔にならないよう指示出しフットワークなどを、じっくり間違ってないか自ら1つずつゆっくりと確認。

特に擦り寄せる左足の運び方や重心が上下してないか?そのあたりは注意しながらのフットワーク練習。

ゆっくりやるお陰で子どもたちと談笑しながらできるのがイイっすね〜

こういうバド練習も面白くてよいです。

 

逆指示フットワーク

さて子ども達が指示出しフットワークをしている際に、あえて違う内容でフットワークをしてみました。

それは・・・
指示とは逆に動き出すフットワーク

フェイントに引っかかった前提で、指示を出された際に一瞬逆に動いてそこから指示先に動き出すフットワーク内容。

なにこれ辛い!

実際にやってみると頭おかしくなります。

シングルス向けの練習かもしれませんが、頭だけでなく足にも負荷がかかり良い感じなので引き続き来週もやってみようや。

 

まとめ

ジュニア練習の際にほとんど保護者の皆さんは後ろで座って練習の様子を見守ると思うんですよね。

稀にお母様方が楽しく懇談をしているのを見かけたりします。

ただ私もバドミントンを楽しむ、1プレイヤーなので座っているだけでは勿体無いと思ってのフットワーク練習だったんです。

空き時間を有効に活用して、子供と一緒に練習参加して楽しみながらレベルアップ目指しまーす。

 - つぶやき , , , ,