膝痛の度合いが異なる?スポーツの種類と膝痛

2017年4月3日

こんばんわ!maijunです!

膝痛が続いている最近ですが、スポーツの種類によって膝痛の度合いがまったく違うのに気づいたのでメモ。

やはりコートの大きさによって運動内容も変わるからなんでしょうかね?

金曜日バドミントンで膝が痛い

金曜日お世話になっている社会人バドミントンサークルへ参加してきました。

ぶっ続けでダブルスの試合をずっと行っていたのですが、終盤膝が痛くて辛い状態でした(´;ω;`)

速い展開だったり、急な切り返しが多くて最初は右膝が痛くなり、徐々に左膝も痛くなるという悪いパターン。

細かい切り返しが膝に負担かけているんだろうな〜

 

テニスだとあまり痛くない

さて金曜日は痛くなったバドミントン練習ですが、日曜日テニス練習ではほとんど痛みがありませんでした。

ストローク練習、ボレー練習、サーブ練習など一通り行いましたが膝痛はそんなにありません。

ゲーム練習もみっちり行いましたが、終わった後は右膝は大丈夫。

もちろん左膝はまったく痛くない状況でした。

 

動きの種類で負担が変わる?

たぶんスポーツの種類、とくに動きの種類によって膝への負担が異なるんでしょう。

テニスコートの場合その大きさにより細かい切り返しってはあんまりなく、大きく移動する動きがほとんどです。ストロークで左右に振られたとしても、長い動きで慣性がついて追いつけるので膝はストップする機会が少ないんでしょう。

またストップしたとしてもオムニコートにより滑るので、体育館のようにグリップ効いて膝に負担がかかるってのが無いのが良いんだと思われます。

ただ前後の動きに関しては膝を前に出す動き自体で痛いので、ちょい苦手です。

うーん膝痛ほんとネックだな。

 

まとめ

来週日曜日にはテニスの試合もありますので、膝痛に関してはかなりネックです。

とりあえず生活に支障がでないレベルを意識し膝痛と付き合いながら、試合望んでみます〜!

以上っす


PAGE TOP