ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

純正アプリだけではもったいない。JawboneUPが便利に連携する3つの技!

   

シンプルパッケージなUP

無事交換品が到着したJawboneUPですが不具合もなく順調に活躍中。

UP純正アプリを用いて記録を残していますがIFTTTとの連携で
さらに便利な使い方が出来ましたので今回ご紹介!

ちょっと一手間加えるだけでいろいろ面白い事ができますよ♪

 

SPONSORED LINK

一万歩達成したらFacebookに投稿

通常の万歩計は歩いた距離やカロリー計算はお手の物でしょう。
JawboneUPも同様に移動歩数の記録が行えますが更にワンランクアップ!

IFTTTで設定すれば自動的に歩数をFacebookに投稿もできちゃいます。

IFTTT Recipe: 一万歩達成>>Facebook Timeline

腕にUPを巻きつけて普通に日常活動。その後スマフォと同期!
所定の歩数を達成していたらFacebookに自動投稿されるって仕組み。    

 

睡眠グラフをEvernoteに記録

移動歩数だけでなく睡眠状態もJawboneUPでは記録が可能。

グラフ形式でレム睡眠・ノンレム睡眠・覚醒状態が保存されますが
後々記録を探す際にJawboneUP純正アプリでは探しづらい(汗)

そこでEvernoteに保存し必要な際に検索しちゃおうという作戦です。

IFTTT Recipe: UPの睡眠記録をEvernoteに保存

これもUPをスマフォと同期しちゃえば睡眠時の記録グラフなどが
自動的にEvernoteに保存されます。ん~便利!

ちなみに睡眠グラフって以下のような感じで記録されます。

睡眠グラフ  

あまり熟睡できてない(焦)  

 

UPの活動記録を表形式に記録する

日々の活動記録をUPは保存してくれますがほとんど日次ベースです。
それを表形式で見る際にはGoogleスプレッドシートに保存するのが便利

IFTTT Recipe: UPの活動内容をGoogleスプレッドシートに保存

移動距離、消費カロリー、歩数、活動時間が表形式で記録されますよ。
ちなみにこんな具合↓
活動記録

 

まとめ

いかがでしょうか?

IFTTTで各種サービスとの初期連携設定さえしておけば
あとは腕に巻いて活動しスマフォと同期するだけで全自動です。

UPを購入して純正アプリへ記録するだけでは勿体ない。
各種サービスと連携して日々の活動を記録してみてください。

あ!ちなみにIFTTTって「イフト」って呼ぶんですよーっと♪

IFTTT

 - ガジェット , ,