ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

テニスだけじゃない!ゴルフ・野球もスイング診断できるZeppスイングセンサー

   

zeepセンサー
計測機器を身に付けるウェアラブルガジェットは最近流行ってますね。

NikeFuelbandSE、JawboneUP、FitbitFlex、Vivofit、Withings Pulseなどなど百花繚乱。

それを一歩踏み出して最近ではスポーツ分野にも各種ガジェットが発表されはじめました。
最近ではソニーのSmart Tennis Sensorが有名ドコロですが、おなじようにZeppでもスイングセンサーなる機器が発表されましたのでご紹介!

今回はテニスだけではなくゴルフ・野球も対応してますよっと♪

SPONSORED LINK

Zeppスイングセンサー

道具を使うスポーツではその道具がどのように利用されているのか?パフォーマンスを客観的に計測するのはよくある事ですね。

スイングが正しいのか?パワーはどのくらいか?スピードは?など確認事項が盛りだくさん。

そんなパフォーマンス計測が出来るツールがZeppより発表されました。

Zepp Labs 日本正規総代理店:フォーカルポイント株式会社
スイング計測できる新ツール

対象スポーツとしては、ゴルフ・野球・テニスとメジャースポーツが抑えられてます。
卓球、バドミントン、ソフトテニスはアプリ側が対応してないようですね(涙)

ちなみに計測するツールは手のひらサイズの可愛らしいセンサー。

黄色いセンサー

バット、ラケットには装着し、ゴルフの場合には手袋に取り付ける仕様です。

zepp_tennis

zepp_baseboll

zepp_golf

あれ?ゴルフだけ手袋??

 

どんな計測ができるのか?

計測機器を取り付ければ後はスマフォ側で各種記録が見れる仕組みなんですが・・

zepp_tennis_app

テニスの場合にはスイングの種類やパワー度合いが一目瞭然。

zepp_baseboll_app

野球の場合にはスイングスピードやスイング軌道も判っちゃう。
スイング軌道ってどうやって記録するんでしょうかね?凄いなぁ。。

実際の利用イメージはYoutubeでも公開されていました。

ソニーのSmart Tennis Sensorの紹介動画はオペラチックでしたが
Zeppはおしゃれですな!

 

まとめ

さて気になるのはそのお値段!
調べてみるとAmazonでは発売前で19,800円でした。

やはりお高い。。ラケットが普通に買えるお値段ですよ?
しかも付属品によって野球、テニス、ゴルフと単一競技にのみ対応というのはちょっと残念。

それを踏まえて思いついたのですが、センサーの形を「手袋型」にするのはどうでしょう?

ゴルフの場合はセンサーを手袋に装着してますよね?
計測機器自体を手袋型にしちゃえば、後はアプリを各種競技用に作りなおせば汎用的じゃないかと実感。

単一競技で19,800円ってよりは複数競技に対応して19,800円の方がエンドユーザーとしては嬉しいものです。

この辺りはアプリ開発の兼ね合いもありますので開発元の判断次第でしょう。

以上スイング診断できるZeppスイングセンサーのご紹介でした♪

 - ガジェット , ,