ネットプレイな日々

大人になってもレベルアップしたい!バドミントン上達への日々

久しぶりのシングルス。きっちりダブルスを意識してみた!

   

シングルス練習
社会人になってシングルスのゲーム練習はほとんど行わないのですが、本日2ゲームほどする機会がありました。

ダブルスでの上達を目指すのが目的なので、きっちりダブルスも意識して取り組んでみました。

以下ご紹介。

SPONSORED LINK

中学生との対決

南風原中学校にて社会人サークルに参加した際、本日は中学生が一人参加してました。

「夏季大会前なので最後の調整かな?」と思って見ていると、その中学生から「シングルゲーム練習お願いします」と申込みされました。

え・・まぢで?

シングルス苦手なんで最初躊躇しましたが、まぁ中学生なんでいいかと割り切って相手をしました。

ただ中学生のゲーム練習だからといって合わせるのも勿体ない。
こちらとしてはダブルスを意識してクリアーをきっちり奥まで差し込む事を意識するように取り組んでみました。

 

ハイクリアーとドリブンクリアー

相手は中学生なので体力は無尽蔵。
無理にラリーに付き合っていてはこちらは体力どころか寿命まで消耗してしまいます。。。ん??

相手が揺さぶってきた際には、きっちりハイクリアーで奥まで返すことを意識。

ちゃんと奥まで返したら中学生のスマッシュなんでそんなに簡単に決まりません。
打ち込んできたら手前に落として逆に揺さぶり。それでロブに逃げたら今度はドリブンクリアーで揺さぶるというのを繰り返してみました。

すると比較的ラリー数も少なく得点を重ねることが出来て勝利することができました。
ん~

まだ中学生には勝てるな!

 

ダブルスの時のドリブンクリアー

シングルスゲームでしたが、ダブルスを意識しての取り組みだったのがドリブンクリアー。

相手に触らせないよう速いドリブンクリアーを意識。
特にハイバッグ側に差し込む様に狙ったら、何度かそのままポイントゲットできました。

これがハイクリアーだったら滞空時間が長いのでダブルスだとスマッシュ打たれるんですよね。

ハイクリアーのおさらい

如何に触らせないように逃げる。もしくは差し込むショットを打つか?それを意識してのドリブンクリアーだったので自分自身にとってもよい練習になりました。

 

まとめ

相手が中学生とまだ技術が発達途中の相手だったので、なんとか此方の思惑通りに練習もできて勝利することができました。

しかし高校生などレベルアップした相手だと、此方が全く歯が立たなくなるので練習する事さえできなくなるんですよね。もう追いつくだけで精一杯な状態になっちゃいます。

シングルスのゲーム練習ではありましたが、取り組み方によってはダブルスの練習もできると思うので今後も機会があればトライしてみたいと思います。

最後に・・・
今週金曜日から最後の夏季大会のようですが、試合頑張ってくださいませ>中学生

以上お疲れ様でした!

 - つぶやき , , ,