井川さんの『浮かない』サーブレシーブが判りやすい

シェアする

サーブレシーブ

こんばんわ!maijunです!

最近Youtubeなどで活躍している元実業団バドミントン選手の井川さん。
結構コンテンツも増えて見応えある内容になってますね。

最近見て参考になったのが「浮かないサービスレシーブ」でした。
以下ご紹介。


一段回目:斜めに切る

相手のサーブを返球する際に浮いてしまったら叩かれちゃいますよね?

そこで浮かないようにヘアピンで返したり、プッシュで返球する次第ですが、そのプッシュ返球の時に斜めに切る説明動画がありました。

シャトルを切るように打つので下向きの返球となり浮かないという仕組み。
これ判りやすーい!

二段階目:被せて押す

次が指で被せて面を回転させて押すような打ち方。
感覚を覚える必要がありますが、前にラケット準備して相手の様子を見てピンに変えたり、プッシュで押し込むってのがなるほど納得。

相手の動きを見て切り替えるって素敵。

まとめ

相手のサーブが超絶低くて返球しづらい際にはプッシュも厳しいとは思いますが、ある程度打てる高さのサーブなら沈めるのは重要な要素。

どうやって相手に攻撃させないか?またはこちらがどうやって攻撃するのか?
それがダブルスでは大事だと思うので、サーブやサーブレシーブの工夫(いわゆる三打目までの展開)を考える必要あります。

まぁそれを常に意識して練習に取り組むのも大事なんすけどね。

以上!井川さんの『浮かない』サーブレシーブの説明動画でした。

よっし!今週末練習で取り組んでみよっと♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細









シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事