前衛はもっと後ろでもいい?

シェアする

昨日IKB48のバドミントン練習時に気付いたお話flair.gif

ダブルスのゲーム練習時に前衛に入るチャンスがあり
いつもよりちょっと後ろに立ってみましたsign03.gif

すると意外と冷静に相手レシーブを叩けたんですshine.gif

立ち位置が前すぎると相手の返球が速くて叩けずにタッチのみでしたが
いつもより少し後ろの位置に立つと・・

結構具合いいかもsign03.gifと気付きましたflair.gif
超叩きやすいっup.gif

参考になる事例がないかダブルスの動画を眺めていたらありました eye.gif


Yonex Badminton French Open 2011 – MD Finals

ほぼコート中央と言っていい位置で構えてますflair.gif

でも何故後ろの方が処理しやすいのか?検索してみたら・・・ありましたeye.gif

074.ダブルスの前衛

ネットに近づけば近づくほどプッシュはしやすくなりますが、
左右の取れる範囲は狭くなります。

また、視野も狭くなるでしょう。

さらに大切なことは、人間は前に進みながらシャトルを打つのは、
比較的たやすく出来ますが、後ろに下がりながらシャトルを打つのは
なかなか難しいものです。

なるほどね。。。視野が広がるのがポイント高そうですねsign03.gif

次回もちょっと前衛時の立ち位置を工夫して練習に臨んでみますpaper.gif

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事

スポンサーリンク
スポンサー