コンパクトなスイングを身に付けるには?

シェアする

昨日の那覇市バドミントン大会にて気付いた事!

負け審判をしている際に、じっくり上手な人のプレーを間近で観察しましたが、スマッシュやプッシュ、ドライブなど大振りせずにコンパクトに返球してるのを見て感心しましたeye.gif

レシーブなど大振りせず、コンパクトに弾いて相手にドライブ気味に返球し、一発でチャンスを作るあたりが流石の一言shine.gif

何が一体違うんだろう?を観察していると、肘から先の使い方がポイントじゃないかと気付きましたsign02.gif

スポンサーリンク

肘が始点(支点?)

自分の場合は肩、二の腕、肘、前腕、手首という流れで連動してスイングしているのですが、上手な人の場合は肩、二の腕はそんなに動いてない様子。

肘を始点(支点)として、前腕、手首のみで返球しているっぽいんですflair.gif

大振りしない分、次の打球に素早く対応できるってのが、コンパクトスイングの利点だと思いますが、それを実現するには前腕、手首の強化がポイントなんでしょうねsign03.gif

やっぱりリスト強化が課題

改めて前腕、手首の強化が必須なんだなと実感sign03.gif

前々からペットボトル巻きを継続してますが、そろそろ回数も増やし負荷を高める必要がありますねsweat01.gif

もうちょっと自分を追い込んで上達目指してみますsign03.gif

コンパクトスイング。。。できるかな~sign02.gif

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細
スポンサーリンク

シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事