背面打ちはマナー違反?

シェアする

背面打ち

トリッキープレーヤーっていますよね?

あえてセオリーを無視して予想外な動きをしたりするタイプ。

テクニックが豊富なのでトリッキーなプレーが出来ると思いますが、ちょっと疑問に思う事があったのでカキコφ(..)

スポンサーリンク

卓球世界選手権のスゴ技!

まずは見てほしいのが以下の動画。

最近開催された2013卓球世界選手権でのスゴ技です

ダブルスにてオーストリアの選手が相手のショットを背面で打ち返しちゃってます。回り込んでフォアハンドで打ち込むには間に合わないので、背中越しに返球。

中国の選手も予想外の返球だったので、間に合わなくてエースが取られてしまってます。

時間短縮&相手の虚を突くという2つのメリットがあるスゴ技ですね。

背面打ちはマナー違反か?

ここで以前から疑問に思っていた事が再燃。

背面打ちってマナー違反なの?

よくゲーム練習で半身で構えている際に、相手のスマッシュを背面でなんとか拾ってラリーを繋げるってパターンを見かけます。

それを見た高齢な方が「ふざけてるっ!」と激怒されていました。内容的には咄嗟に手が出たプレーだったので、私個人としては失礼には当たらないと思いました。

しかし激怒された方曰く「半身で構えているのが許せん。ちゃんと前向いて腰を落として構えりゃいいのに」というお言葉。なるほどね。

確信犯はマナー違反!?

上記では咄嗟に手が出たパターンですが、それとは逆に明らかに背面打ちを狙う場合。

背中を相手に見せて後ろでラケットをフリフリ。こっちに打ってよーん。ってのはマナー違反じゃないかと思うんです。

互いにおちゃらけてじゃれ合うならともかく、試合などで対戦中におちょくるのはどうなんだろうか?

まぁそういう場合には背面狙って打ち込むよりも、ドロップやクリアーなど他ショットで対応したほうが大人の対応じゃないかな?

無理に付き合う必要は無いですよね?

まとめ

結局はプレーの目的によってマナー違反かどうか判断が分かれるかと思われます。

悪意がなく咄嗟のプレーなのか?

相手をおちょくるのが目的のプレーなのか?

まぁ一つのプレー内容に関して突き詰めると、考え方はいくつもあると思いますが、とりあえず相手の気分を害しないよう今後も心がけてみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細
スポンサーリンク

シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事