レシーブで切り替えして前衛に入ろう!

シェアする

シャトル
ダブルスでは前衛が好きなのでよくネット前に入りますが
最近は詰めても決定打が少ないこの頃。

前に落として前に詰めるには?改めて考えてみました。


前衛に入るパターンは?

前衛に入り込むパターンとしては以下の二つじゃないでしょうか?

  • 相手が上げてきてペアが後衛から打つ場合
  • 相手の攻撃をレシーブで切り替えして前に入る場合

私が好きなパターンはレシーブでの切り替えし。
特にこういったプレーが大好物♪
↓↓
レシーブでの切り替えし

自分が撃った後に前に詰めるというパターンっすね。

何故出来ないか?

しかし最近このようなレシーブでの切り替えしが超少ないです。
詰めても遅れてしまい決定打が出来ずにかすって落とす程度。

また前に落とすレシーブを意識するはずなのに速いスマッシュが
来て慌ててそのまま大きく返球するというのも一つの要因

結局今回はレシーブが肝じゃないかと・・・

ある程度のレベルならばレシーブもコントロールできますが
レベルが上がるにつれてそれをさせてもらえてない状況のようです。

レシーブも工夫してみる

相手の攻撃に対して切り替えして攻守転換するにあたり
レシーブもちょっと工夫してみようかと検討。

  1. レシーブする瞬間に相手ペアの立ち位置から穴を見つけて返球
  2. シャトルを打った相手にドライブレシーブでカウンター

特に1番が出来てないので練習が必要ですね。
自身がシャトルを打つ前に瞬時に立ち位置を把握する事。

それと同時に速い攻撃になれる事。

常に目を速い打球に慣れさせないと対応できません。
このあたりをどうやって通常の社会人サークルで練習するか?うむ~

まとめ

守りからの攻撃に転じるプレー。
それにはやっぱりレシーブが肝だと思います。

レシーブで切り替えして前衛に入りそのまま決める!

そういうプレーが増やせるよう頑張ってみます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細





シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事