快適に使えるグリップテープの巻き方!

バドミントングリップは直張りウェット派なんですが、少し前に「アンダーラップ使うと超快適になるよ!」と知人に教えてもらい本日試してみました。

準備するのはラケットとグリップテープと。。肝心なアンダーラップ。

テーピングに使っているアンダーラップではなく、今回はkimonyから発売のグリップ用アンダーラップKST317を利用。グリップ用は幅が小さいので巻きやすいですよ。

さてグリップテープを巻く肝心なラケットが凄い状態に。。

15年以上タオルグリップを巻いたまま放置していたので木が臭そう。。よく腐ってなかったなぁ。。

そんなひどいグリップをアンダーラップで保護しながら好みの太さに調整。

自分はグリップエンドが太いのが好きなので、エンド部分を多めに巻きました。

ちなみにアンダーラップはエンド部分で巻き終わります。その方が次のグリップテープがエンド部分からの巻き始めなので非常に巻きやすくなります!

グリップテープはウェットタイプで細かい穴が空いているヨネックスのAC106を利用。5mm幅感覚で重ねていけば、穴を通してアンダーラップが汗を吸ってくれます。後は付属のテープで巻き終わりを止めて終了です。

さて巻き終わってグリップを握ってみると。。。

すっごくフィット!!今までと全然違う!

アンダーラップがクッションの役割も兼ねているので握りこむと優しい弾力。

これはもしかするとスマッシュ打つときに有効かもしれない!スマッシュの瞬間に「ギュッ」って握りこみやすくなりますよ。

それにグリップ張替えの度にアンダーラップも一緒に変えれば、ラケットグリップも腐ったり臭ったりしないので衛生的です。

今までウェットグリップを直張りしてましたが、今後はアンダーラップ派に転向ですね。

非常にオススメです>アンダーラップのKST317

スポンサーリンク