バドミントンサーブ。。その前に奇数と偶数を説明しましょう!

シェアする

奇数と偶数

当たり前だと思う事が人によっては判らない場合ってあります。

それを感じる事が今日ありましたので反省として要記録。

スポンサーリンク

ルール説明にて

バドミントンサーブって奇数の際には左サイドからのサーブ。偶数の際には右サイドからのサーブですよね?

ルール説明する際に何気に「奇数の時には左に立つ。偶数の時には右に立つ」と本日ある子供へ説明をしました。

しかし「奇数と偶数って何?」と質問がありました。

しまった。。。そこから説明する必要があったのか?!と反省し、以下の内容で図解しながら説明してみました。

コートを図説。合わせて数字も列挙

バドミントンコートをホワイトボードに記入し、左側を赤色右側を青色と斜線で塗りつぶし。

その状態で空いているスペースに以下を記入

奇数:1,3,5,7,9,11,13・・・・21

偶数:0,2,4,6,8,10,12・・・・20

「この数字の時には青い色の所に立つんだよ」という具合で説明してみました。

おかげさまでみなよく理解してくれてました。しかしホワイトボードがあったので助かりました(汗)

ちなみにこんなアプリもあるので、判りやすいかも!

まとめ

「このぐらい知っているであろう」という判断で物事の説明をしてしまうと、場合によってはちゃんと理解してくれないケースがあります。

相手がどこまで知っているのか?お互いに確認しながらどう判りやすく指導者は説明を行うのか?

ちょっと注意が必要ですね。

今後思い込みで説明を行わないよう気を付けていってみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細
スポンサーリンク

シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事