FuelbandSEはボタン操作が初代と違う?!

FuelbandSE
ようやくです!
初代Fuelbandが1月に故障しずーっと待ちわびていた二代目Fuelbandをこの度入手!

初代と比べて操作方法が変わっていたのでご紹介

スポンサーリンク

初代と色が違う!

初代Fuelbandは黒や白(透明)とシンプルなカラーリング販売でしたが
二代目のFuelbandSEは四色展開!

私はラッキーカラーのオレンジ(トータルクリムゾン)をチョイス
トータルクリムゾン

パッケージも変わってますね。
FuelbandSE
FuelbandSEパッケージ

初代Fuelbandのパッケージ↓
無事到着したFuelband

スポンサーリンク

Sync方法が違ってる!

初代Fuelbandの場合、iPhoneなどでBluetooth同期する場合には
バンド本体のボタンを長押しで同期でした。

しかしFuelbandSEの場合、バンド本体のボタンで同期は行ないません。
一旦、iPhoneでBluetooth接続ができたら後はボタン操作をせずに
勝手に同期してくれてます。

おそらくBluetooth4.0のおかげなんでしょうか?

楽ではありますがバンド本体がiPhoneで認識しない場合には
手間取りそうな感じがします。

スポンサーリンク

セッション機能が追加された!

FuelbandSEで新たに追加されたのがセッション機能ですね。

ボタン長押しすると「START」の文字が出現。
その後更にボタンを一回押すとカウントダウンの後に「Go」の表示。

これでセッションスタートです。
セッション毎に活動記録を残してくれるので、トレーニング種類によって
Fuel値などを測る場合に便利!

ちなみにセッション終了のボタン操作は同じです。

セッション機能中にボタン長押しすると「END」の文字が出現します。
またボタンを一回押すとセッション終了するという手順。

睡眠時もこのセッション機能を使えば良いのだろうか?
ちょっと疑問ですな!

スポンサーリンク

時計表示は二度押し

初代Fuelbandの場合、ボタンを押すたびに表示内容が切り替わってました。
その場合、時計表示させるために何度もボタンを押すのが面倒。

しかしFeulbandSEの場合にはボタンを素早く2回押せばいつでも時計表示されます。
ただ個人的にはこの機能は残念。

できれば斜めに傾けて数秒保持すれば、ボタンを押さずに時計表示されて欲しかった。
うーん。。残念!(´ε`;)

スポンサーリンク

3回連続押してみた!

時計表示が2回押しでした。

じゃぁ2回以上素早く押したらどうなるんだろうと思い
3回連続で押してみたところ・・・

普通の1回押しと同じ動作となりました。
2回押しまで認識し、3回目以上からは1回押しと同じ扱いなんでしょうね。

なんかコナミコマンドのように隠し操作ってあるんじゃないだろうか?

スポンサーリンク

まとめ

1月に初代Fuelbandをメーカーに故障返却し、ずーっと待ってました。
日本で正式発売されるってのが非常に喜ばしい限りです。

今後も使ってみての裏ワザなどあればご紹介してみます。

あ!

ちなみに購入したばかりは、取り付け時に皮膚を噛みやすいので
取り扱いご注意下さいませ♪

ガジェット
スポンサーリンク
このブログ主をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
ネットプレイな日々

コメント