経験者も感心した!桃田選手のバドミントンマナー5つの取り組み!

2017年6月2日

こんばんわ!maijunです!

5/31に行われたランキングサーキット決勝戦では、カジノ問題で活動停止していた桃田選手が復帰後初の試合で見事優勝を飾りましたね。

決勝戦の相手は日本ユニシスの上田選手でしたが、ファイナルまでもつれる稀に見る素晴らしい試合で、とても面白い内容でした。

そんな桃田選手の決勝戦ですが、試合中のマナー面がとても丁寧になっているなと感じたのでご紹介。

凄い丁寧になっている!

さて今回対象となる試合ですが、Youtubeにて公開されております。提供元は森田さんのSmash and NET.TV(森田さんありがとうございます。)

1時間25分の試合動画ですが、見ていて桃田選手の試合中のマナーが変わったと気づきました。

ちなみに私が気づいたのは全部で5つです。

1.コートに一礼

コートチェンジする際に見かけたのですが、コートから出る際に一礼していました。

お?いままで一礼してましたっけ?

2.シャトル取ります。取りますよ!

上田選手が放ったドロップがネットになった際の出来事です。

あ・・ネットになった。先輩取りますよ。

相手のミスしたシャトルを拾ってサービスへ戻る桃田選手

3.シャトル渡しはネットの上から

今度は上田選手がポイント獲得して、桃田選手がシャトルを渡す際のシーン。

ネットにかかったシャトルを拾って。

シャトル送りますね〜

上田選手がキャッチ

以前はネットの下に落ちたシャトルを小突いて相手コートに渡していた覚えがあるんですが、ちゃんと拾って上から送り出すのに気づいた次第です。

4.サービスジャッジへ手渡しシャトル交換

試合中シャトルが壊れたりしたらサービスジャッジへシャトルを渡して交換進めますが、それも丁寧になってる気がしました。以前は壊れたシャトルをラケットに乗せてサービスジャッジへ渡していたと思うのですが・・

主審にシャトル交換の確認

シャトルを手渡しでサービスジャッジへ

一礼もしてました。

サービスジャッジの方も手渡しでシャトル渡されてちょっと気づいたかもしれませんね。

–2017/06/02追記–
記事投稿時に副審と記載しておりましたが、正しくはサービスジャッジとご指摘いただきました。
(いままでずっと副審副審って言ってました。恥ずかしいなぁ)

訂正いたします。
ご指摘ありがとうございました!

5.シャトルをセンターに立ててる!

個人的に一番驚いたのが以下の行為。

コートチェンジする際にシャトルを拾って・・

センターへ立てて置いてる!

この行為はじめてみました。
中学生や高校生レベルのマナーの良さだと思いませんか?

なんか凄いな〜

 

注目されているからなのか?

上記のようなマナー面の改善は私だけでなく他の方も気づいたようで、水曜日の社会人サークル練習時に話をした次第です。

謹慎明けの初めての試合ということもあり、マスコミもかなり集まって注目されていました。

報道各社多いよ!

「報道が多いからマナーとか相当気をつけているんじゃない?」という意見もあるかと思うのですが、もう桃田選手はずっと注目されると思うのですよね。

賭博カジノ問題で謹慎処分を受けたのは今後の人生でずっとついて回ってくると思うのです。

なので報道とか、いてもいなくても今回と同じような丁寧な対応をおこなえば、きっと周りも「あ!桃田選手完全に変わった」と見るんじゃないでしょうか?

 

まとめ

謹慎処分明けの初めての試合で優勝を飾り、バドミントンファンやマスコミに対しても強い印象を残した今回の出来事。Yahooニュースでも取り上げられてました。

桃田賢斗、無期限出場停止明けから涙の復活優勝(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
<バドミントン・日本ランキングサーキット大会>◇最終日◇31日◇埼玉・さいたま市記 - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)

試合内容も素晴らしいですが、マナー面でも劇的に変わったのはファンの幼い子供たちに対しても良い手本になるのではないでしょうか?

できれば国際大会などでも、シャトルをセンターコートに設置して移動するってのを行って欲しいですね。きっと海外選手やファンも驚くと思うw

謹慎中は相当堪えたと思いますが、今後の活動が本当に大事です。

二度と同じ過ちを起こさないで、みんなから愛される選手として活動してほしいですね!

以上、桃田選手優勝おめでとうございます。
今後も応援しますよ〜♪

スポンサーリンク