凄い!那覇市民体育館は酸素濃度まで判っちゃう!団体戦でのお話。

こんばんわ!maijunです!

昨日、那覇市バド協会の団体戦大会があったのですが参加してきました。

初めての出来事にちょっと驚きました。
「ちゃんと利用者のことを考えているんだ!」

那覇市民体育館の施設?についてのお話です。

那覇市団体戦に参加。。失敗してたorz

いつもお世話になっている火曜日のサークルにて団体戦参加の案内がありました。

「こりゃ参加しなきゃ!」と意気込み2017年度 金城芳雄会長杯バドミントン大会へエントリーしました。

さてエントリーするにあたりどのクラスで出場するのか?
リーダーに確認したところ『男子Cクラス!』って事でしたので、よく要綱もチェックせずにエントリー。

しかし・・
おもいっきり要綱内容を違反していることに後で気づきました(>_<)

※Cクラスは経験2年未満あるいは60歳以上とします。他のチームからクレームがつかないように考えて、申し込んでください。

私達のチームメンバーは皆60歳以下。
それにほとんどのメンバーが経験年数2年以上です。

大会前日にそのことに気づいて、まずいなぁ〜って凹んでおりました。
これは明らかに私の確認ミスです。
ほんと申し訳ないです>チームメンバーおよび参加者の皆様

ちなみに当日参加した他のチームを確認すると・・
60歳以下の方々がほとんど(^_^;;
60歳以上の方はいなかったと思うんですがどうなんだろう?

また、20歳の若者やAクラス級の実力者もいらっしゃいました。
うーんうーん。。

 

序盤は涼しい那覇市民体育館

さて試合当日。
全員集まっての開会式

最初から大勢の参加者がいるのが判っていたので、ちょっと暑さが心配でした。

しかしそんな心配は序盤吹き飛びました。

涼しかったんですよ!

「あれ?冷房入れているの?」そう思って大会運営役員の方に聞いてみましたが、体育館ホールは冷房使ってないとの事。

えぇ〜そうなんだ!!

7月の大会だったら絶対暑さにやられると心配していたのですが、序盤は涼しくプレーすることができました。

 

終盤暑い。。そして試合中断

序盤涼しい状況でプレーしておりましたが、終盤は徐々に熱気が篭って暑い状態になりました。

私達チームは予選若者たちのチームに勝利し、くじ運でも引きが強くいきなり決勝戦。その状態で決勝戦をプレーしていたのですが、急に運営本部から中断の連絡があったのです。

「体育館内の酸素濃度が低下しているので換気します」

これを聞いて凄いって感心しました。
那覇市民体育館って酸素濃度の計測もちゃんと管理しているんだ!って。。

今まで何度も那覇市民体育館で試合してきましたが、酸素濃度まで管理しているとは思いもせずびっくり。

試合中でしたが、中断し窓もカーテンも全開して換気をしました。

プレー中断の判断は難しいと思いますが、安全性を考慮しての一時中断はナイスだと思います。

今回の事を考慮し今後は12時とか13時とか、時間を定めて換気することを事前案内するのも良さそうですね。

 

まとめ

那覇市民体育館にて酸素濃度まで計測し、利用者の安全性を確保している事を今回気づきました。

とても良い取り組みですね。
利用者の安全確保をする為に計測装置まで設置しているって事がありがたいですm(__)m

さて・・
試合結果ですが、要綱内容を違反しちゃっている事が課題ではあるのですが、無事にチームで優勝させてもらうことができました。

今後は要綱内容もちゃんと目を丸くしてチェックし違反しないよう気をつけます。
ほんと申し訳ないm(__)m

以上、那覇市団体戦に参加しての感想と結果報告でした。

スポンサーリンク