【捻挫1日目】装具代金は意外と高い!申請して払い戻しをゲットしよう!

シェアする

こんばんわ!maijunです!

捻挫して相当腫れてしまいヤバイことになった右足首。

仕事も午前中休んで通院してきましたが、装具について注意点があると思ったのでご紹介。

保険申請を皆さんお忘れなく!!


痛みが酷いので通院してみた

さて前日ぐねって腫れてしまった右足首。
歩くにも辛い状況でしたので朝一番整形外科に通院し診てもらいました。

受付で各種問診している時点で「車椅子準備しますね」と気遣い。

いやいや!大丈夫です(恥ずかしい)と答えたのですが強制的に座らされました。

立ってるだけでも負荷がかかり炎症するので、どうやら座るのがセオリーのようです。

覚えてもらうためにボケてみた

さて受付してもらった後に整形外科のお医者さんに診て貰うわけですが、第一印象が大事ということでボケてみました。

大先輩の発言を思い出してのボケです。
おかげさまで一発で覚えてもらいましたね。

ファーストコンタクト大事ですね!!

装具代金高い!

診察・レントゲン撮影・治療判断という流れになったのですが、今回は装具で固定し安静治療する事になりました。

あれよあれよという間にどんどん装具などが準備され、最終的に完全防備な状況。

以前捻挫した際、整形外科で購入したサポーターが自宅にあるのですが、お医者様の強い進めで結局購入する流れ・・

いったいお幾らなんだろう?と思って聞いてみると・・

16348円!!!

嘘でしょ高いよ!と思っていたのですが、Twitterでは更に上回る金額発言を幾つか頂きました。

骨折だと装具代金は10万クラス!

アキレス腱断裂だと6万クラス!!

これ注意してほしいのですが、単位はペリカではなく日本円です。

しかも保険は後日払い戻し申請してのバックなので、事前に支払いが必要です。

保険払い戻しが出来ます!

ちょうど手持ちで支払える額を持っていたので装具代金支払しましたが、流石に払い戻しをしたい!

どのような手順で払い戻しするのか確認してみました。

【必要な書類】
病院発行の装具証明書
装具購入時の領収証
印鑑
保険証
払い戻し先の通帳

上記必要書類を揃えたら今度は請求先に申請です。
申請先は各種加入の保険や組合などによって異なります。

【申請先】
国民保険:市町村役場の国民健康取扱窓口
協会けんぽ:全国健康保険協会
組合・共済保険:勤務先の担当者もしくは保険組合

ご自身がどの保険に加入しているのか?
事前に確認して是非払い戻し申請されてください。

というか払い戻し申請しなきゃ損ですよね?

まとめ

今回は装具を購入し対処しましたが、よくよく考えるとザムストなどの凄いサポーター使う方法もありだなと後ほど思いつきました。

お医者様が強い口調で、「サポーターは医療器具じゃないですよ。腹巻きと同じですよ」って勢いに負けて、装具を買ったのですが本当にこれじゃなきゃ駄目なのか?と手元にある装具を見て疑問を感じる次第。

まぁ買ってしまったのは自分の判断なので仕方ないですね。

とりあえず払い戻し申請を行い、なるべく自己負担が減るよう対処進めてみます。

もしもコルセットや装具を購入される機会があったら、皆さんちゃんと払い戻し申請してくださいね。

以上!装具代金は意外と高いというお話でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細





シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事