【捻挫28日目】痛みは減ったが脚力が相当減少。地道な活動が必要?

こんばんわ!maijunです!

捻挫発生から28日目。
リハビリも行い、サポーターもつけたりして運動を再開しています。

日曜日・月曜日とそれぞれ運動して感じた事を書き記してみます。

日曜日テニス練習にて

最近ボール係を再開した日曜日のテニスサークルでの話です。

テニスの場合細かい切り返しがバドミントンに比べたら全くないので、捻挫箇所の痛みもそんなにありません。

左右に動くフットワークとしても大きく動くケースがほとんどなので、細かい踏ん張りが無く意外と快適にプレーができます。

しかし課題が浮き彫りに出てました。

前に落とされるドロップショットが拾えないのです。

ベースラインからサービスライン際までの前にダッシュすることができません。いや!出来たとしてもスタートが遅いのです。

膝痛の時のように前への動きが、ほとんど出来なくなっていました。

頭では判っているのに足が出ない(´ε`;)ウーン…

 

月曜日バド練習にて

さて日曜日のテニス練習の後は、月曜日のバド練習です。

細かい切り返しが多いと体重を支えられずに流れてしまうケースがちらほらありました(汗)

何より一番不甲斐なかったのがドロップ拾えない事です。

以前だと拾えたドロップショットも足が出なくて見送るケースが多々ありました。

それに相手のスマッシュを当てるだけレシーブして、ネット前に落としたのに前に詰める事ができないケースもちらほら。

「あぁぁ!前に行きたいのに行けない!」

頭では判っているのに足が出ないのがいやだぁ!!

 

そろそろ脚力強化フェーズ?

捻挫し腫れもおさまり、足裏やふくらはぎ、足の外側をリハビリで強化していましたが、今回の課題で感じたこと。

次のフェーズは「かなり減少した脚力を取り戻す」

いやぁ前々からの課題なのですが、三週間も運動してなかったらそりゃ減りますよね>諸々の体力。

増えるのは脂肪だけっていう悪循環です(´;ω;`)

とりあえず膝痛を再発しないような脚力強化を考えて取り組まなきゃいけません。

やはりバイク(自転車)で座りながら漕ぎまくりかな〜?

 

まとめ

バドミントンとテニス。

それぞれ違う競技をやっているのですが、一つのプレーの中から根本となる課題が同じという事を改めて感じた次第です。

もう捻挫治療という意識は終了し、通常モードに復旧し脚力強化に取り組んでみます。

以上っ!! 捻挫治療生活終わりです。

スポンサーリンク