3月で終了!那覇市バド協会役員を卒業

こんばんわ!maijunです!

数年前から役員として携わっておりました那覇市バドミントン協会ですが、家庭の事情により3月末で卒業する事になりました。

いや。。実は一年前から役員の皆さんには話をしていたんですけどね。

なんか感慨深いのでまとめです。

元々は「お手伝いしますよ」から・・

2011年頃から大会に参加するようになって色々と役員の皆さんが苦労している様子を見てきました。

ほとんどボランティアとして運営しているのを知っていたので「IT関係だったら手伝いできる!」と思ってお手伝いからスタート。

色々と課題が発生しながらも解決策を練って改善を繰り返してきたので、よい具合に運営が出来上がってきたんじゃないかと思っております。

事実那覇市バドミントン主催の大会は、沖縄県内各市町村主催の大会としては最多の人数なので、最近では先着○○名という制限を設けて募集をするほどの人気振りとなりました。

役員の皆さんも色々と苦労して今に至っているのを見ているので、なんだか感慨深いです。

 

卓球大会との同時開催が辛かった

さて最近で困ったことがあったのを思い出したのでメモ。

那覇市バド大会がメインアリーナで開催している間にサブで卓球大会が開催された時の事です。

朝から駐車場係としてスタンバって入場管理していたのですが、卓球大会参加者の方が「なぜ駐車場に入れないんですか?」と凄く怒ってきた事です。

いや!那覇市バド協会が入れてないってことではなく、那覇市民体育館の方が・・

施設利用者を優先で駐車場案内してください。
大会参加者は使わないで下さい

と指示があって駐車場係していたんですよ。

それなのに卓球大会参加の方が「バド協会が独占してる!」って詰問されたのが辛かった。。

 

感謝されたのも嬉しかった

上記は大変な思い出ですがよい思い出もありました。

「最近の那覇市大会は沢山試合出来るから嬉しい」って言われたのがよかったですね。もちろんスケジュールがキツキツの時は試合数が少なくてダメ出しもされました。

でもお礼を言われるのがやってよかったと感じる瞬間です。
ボランティアベースで動いている事を理解してお礼を言ってくれる人にも感謝です。

 

まとめ

いろんなことがあった協会経験ですが、とりあえず3月で終了ということで一区切りです。

今後は運営に支障が出ないように引継ぎをして行く必要がありますので、後任の方々にマニュアルなど準備しお渡しを予定。

自分自身の世界も広がった那覇バド協会役員経験ですが、本当に他の役員および参加者の皆さんに感謝です!

以上!協会役員卒業のお話でした。

スポンサーリンク