バドミントンで息子に勝つ方法

シェアする

こんばんわ!maijunです!

親子で同じスポーツをしている場合に対決するシーンってあるのではないでしょうか?

今回長男(20歳)と対決する機会がありましたので、きっちり勝利したお話です。


月曜社会人サークルに訪問

あまり月曜日はバドミントンを行わないのですが、今回機会があり社会人サークルへお邪魔してきました。

前回は床が新しくなった那覇市民体育館でしたが、今回は某中学校です。

8面準備できる大きな体育館ですが、人数も結構参加して大勢賑わっていました。

息子(長男)と対決する事に

基礎打ちの後にゲーム練習がランダムで行われるのですが、今回たまたまタイミングが重なり息子と同じコートに入る事になりました。

周りの方々はペア組ませようとしている様子でしたが、あえて別々に分かれて息子に提案。

勝利した方が練習参加料400円払うってのはどうよ?

ということで親子対決がスタートする事になりました。

ちなみに息子のペア相手は息子と同級生の20歳。
コチラのペアは20代中盤の若者。

私は40代です。

単純に平均年齢計算しても10歳近くの差ですね。

これは勝たねば!ってことで燃えたのは当然です。

序盤リードされるも・・

さて20歳ペア相手にゲームスタート。

序盤相手に先制されて4-7と3点差付けられて当方が追う形です。

ペア組んでもらっている若者が攻撃力あるので、私がサーブの際にはきっちり沈めて20歳ペアに上げさせるようにしました。

おかげで攻撃力ある相方が決めてくれて点数としては同点に追いつきました。

ん〜
このまま競り合うのは体力的に辛いな〜

そう思っていたのですが意外な事に相手20歳ペアがミスを多くし始めました。

繋げて相手にミスさせ、口撃開始

相手若者は積極的に攻めて来ます。

少しでも浮いたらプッシュ狙って来ますがネットに引っ掛けること多数。
サーブも2回ほどミスるし、スマッシュもネットに突き刺さりラッキーな展開。

こりゃ無理して攻めずに相手自滅誘うほうが良いなと判断し、口撃も開始しました。

相手がサイドアウトしたり、サーブミスしたりしたら敢えてアピール。

おー!ラッキーありがとう!

他にもネット前で息子とピン勝負になって勝ったら高笑いするなど。

めちゃくちゃ嫌なやーつw

まぁ相手が息子だから口でも攻撃した次第です。

まとめ

結局相手が自滅し始めて競り合いから抜け出し終盤は3点ぐらい差を離して当方が勝った次第です。

ゲーム後には息子が参加料を支払ってる際に

無料でバドミントン出来てサイコー!

って弄ってました。

ポイントです。
相手がミス多い。しかも身内の場合。

無理して競り合うより相手に自滅させるほうが楽です。
更にプレー以外で突っ込んでメンタルアタックすると効果倍になると思われ!

お父さん、お母さん方!
やり方次第でまだまだ息子に勝てますよ。

是非勝利してぐっすり快眠してくださいませ。

あ〜楽しかった!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事

スポンサーリンク
スポンサー