バドミントンサーブの高さ115cm?新ルールは本当に公平なのか?

シェアする

こんばんわ!maijunです!

海外ニュースサイトで発見したのですが、3月に開催される全英オープンにてサーブの高さを115cmにするって本当ですか?

色々と賛否両論ありますが、デンマークのビクター・アクセルセン選手のアピールが色々と興味深いのでご紹介。

身長高すぎる選手は確かに辛そうだな〜


3月の全英オープンから採用?

今回のサーブ高さ115cmの件ですが、以下サイトにて発見しました。

The Badminton World Federation has decided to trial a new kind of service rule at the 2018 All England Open Championships. This new rule states, “the whole of the shuttle should be below 1.15m from the surface of the court at the instant of being hit by the server’s racket.”

まじかぁ。。

簡単に訳すと、「2018年3月の全英オープンにてBWFは新しいサーブルールを試験的に採用。シャトル全体がラケットに当たる瞬間1.15m(つまり115cm)になる」って事ですね。

身長低い選手の場合には、胸元近くからサーブが打てるというメリット大ですが、高身長の選手だと太腿あたりから打つ必要が出てきますね。

それを踏まえて以下のようなアピール動画も掲載されてました。

終盤。。正座してサーブ打ってるトッププレイヤーww

うん。やり過ぎですw

アピール目的には良いですが極端すぎるというね。

体格によって差が出てくる新ルール

ではその115cmの高さがサーブ基準となるとどうなるのか?

Facebookでもアクセルセン選手はアピールしていました。

身長高い選手だと腰下からサーブですね。

極端に股間近辺から打つビックマン

でも身長低い女子だと胸元からのサーブになるんですよね

同じ115cmとしてもプレイヤーの高さが違うので打つ場所も変わってきます。

コートやネットの高さは変わらないのだからサーブ高さも統一しちゃえばいいんじゃない?

そう私も最初は感じましたが、高身長の選手だと逆に不利になっちゃうというジレンマ。

体格によって差が出ちゃう新ルールですね。

高身長が有利なテニスのサーブ

ちなみに同じラケット競技でもテニスだとまるっきりサーブの意味合いが異なってきます。

高さの概念どころか「サーブ(奉ずる)」からまったく違います。
攻撃主体なんですよね>テニスのサーブ

だから高身長の選手だと上から打ち下ろすテニスサーブになっちゃうという。

身長差は埋めるのは椅子しかないっすね。

まとめ

全英選手権での115cmサーブルールはトライアルのようですので、正直試してから判断だと思います。

実際に試合で導入してみて、不具合がないか?公平にプレーを進められるか?その検証もあるはずです。

高身長の方々には不利になるルールだと思いますが、試してから更にアピールすれば良いかと!!

いろいろと賛否両論出てくるとは思いますが、今後もルール改正に要注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細









シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事