超簡単!バドミントンの練習課題を忘れない初歩的な方法

シェアする

単純だけど効果的

もうタイトルと上記画像を見るだけで即理解が出来ると思いますが、練習課題を忘れない超簡単な方法をご紹介。

ちなみにいろんなスポーツに応用できると思われます♪


課題をメモで書くべし!

単純ではありますが、気になることを手の甲に書いておくだけでも忘れないものです。

知り合いにはラケットグリップ上部に「リラックス」とメモを書いてセロテープで止めている人もいます。

目に見える位置に言葉に書いているだけでも忘れないものです。

利き手と逆に書くといい!

ペンを利き手にもって逆の手の甲にメモを書くと意外と良いです。

なぜか?

ショートサーブの際に気づくと思うのですが、シャトルを持つ手の甲が目につきやすいんです。

ラケット持つ手の甲は若干視界から外れがちなので、利き手と逆の手がオススメです。

水性ペンが無難

書いても即落とせる。また次の課題も書けるって事を考慮するとやっぱり水性ペンが無難です。

ただし服に付く可能性もありますので、各自で汚れにはお気を付けください。

油性ペンで書いても、除光液やマーガリン、化粧落としでもメモは落とせますのでお試しあれ。

まとめ

課題を常に周りから指摘してくれる環境なら、ペン書きなど無用ですね。

自己で常に意識して頭に覚えられる方も不要でしょう。

忘れがちな方、手軽にささっと覚えたい方、一度お試しあれ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細









シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事