ミズノ試打ラケットを5つ使ってみた!トップライトのLuminaSonicが使いやすい!

シェアする

ミズノのバドミントンラケット
数日前に試打キャンペーンで届いたミズノのバドミントンラケットですが、さっそく使ってみました。

5つもあるので使い分けが大変ですが、一番使いやすかったのがヘッドライトなあのラケット!以下ご紹介。


LuminaSonicが使いやすかった

キャンペーンで届いたラケットを、火曜日の社会人サークル練習時に持って行き複数の方に紹介しながら使ってみました。

ヘッドヘビーなCaliberFやコントロール重視のCaliberS。またヘッドライトなLuminaSonicSなど色々と使い分けてみたのですが、私が一番使いやすかったのがLuminaSonicSの4U6なタイプでした。

CaliberSなどヘッドヘビーなので今使っているVoltric80とそんなに変わらないのでは?と当初思っていたのですが、CaliberSのほうが重く感じました。なによりシャフトが硬くてしなりが感じられません(非力だorz)

軽くて操作性がいい!

LuminaSonicSですが、実は重量およびグリップの太さで二種類ありました。

3U5、4U6の二種類だったのですが私はグリップ細いほうが操作しやすいので、今回使ってみて一番しっくりきたのがLuminaSonicSです。

ミズノ|バドミントン|製品情報|ラケット|ルミナソニック シリーズ|ルミナソニック S ツアー
スピード命なラケット?

『太いほうが握りやすくて打ちやすい』という声も聞きますが、私は細いほうが手のひらの中で操作しやすいのでそっちが好み。このあたりは人それぞれの好みなんでしょうね。

またヘッドライトで軽いので振りやすいってのは確かです。前衛で早い展開とかもしやすかったですし、レシーブとかも差し込まれても取り回ししやすい。やっぱりヘッドライトがプレースタイル的に合っているんでしょうね。

他社ラケットとの違いは?

さて一番気になるのがこの辺りじゃないでしょうか?

「ヨネックスとくらべてどうなの?」
「薫風は?ウィルソンは?」
「ミズノで大丈夫なの?」

他社と比較しての疑問を皆さん持つのでは無いでしょうか?私自身使う前には「手持ちのVoltric80とくらべてどうなんだろう?」と疑問満載でした。

結論からいうと「全く問題なし。今使っているヨネックスとそんなに変わらない!」という感じでした。

以前ウィルソンのラケットを使用した際には、どうしても打球感がぼやけた感じで違和感がありました。

軽くて飛ぶ!ウィルソントライアルデモのラケットを使ってみた! | ネットプレイな日々
打球感がいまいちだった覚えが・・・

しかし今回のミズノのラケットは違和感はCaliberS以外感じませんでした。(CaliberSは重くて硬いので棒を振ってる感じがしたのは内緒w)

まとめ

今回の試打ラケットでミズノのバドミントンラケットの品質も実感できましたので、購入に関しての心配は減りました。

あとは楽天あたりで激安で販売しているショップを探すのみですね。

型落ちのモデルだと半額販売しているので購入しやすいんですよね。たとえば二本購入しても15000円程度というリーズナブルなお値段。

もうちょっと安く販売している店舗を探してまとめ買いしてみます。
以上!ミズノラケットの試打レビューでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細





シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事