GarminのデータをGoogleFitへ転送する方法!アプリを使えば一発です!

Android端末をお使いの方はヘルスケアデータをGoogleFitで管理していると思うのですが、正直困っていませんか?

iPhoneの場合はiOS8から標準になった「ヘルスケア」アプリが、各種簡単に連携してくれ便利です。しかしAndroidはそのあたりが各アプリごとにヘルスケアデータが分散しており、フィットネス機器を変更するとデータ連携がなかなかできません。

しかし最近便利な優良アプリを見つけたので、簡単にデータ連携できる事が判りました。

ここまで長かった(`;ω;´)

以下アプリのご紹介です!

スポンサーリンク

GarminデータがHealth Syncで便利に同期できた!

今回試してみたAndroidアプリはHealth Syncという有料アプリです。

Health Sync
Health Sync
開発元:appyhapps.nl
無料
posted withアプリーチ

Garmin、Fitbit、Samsung Health、Polar、Withings Health Mate、Suuntoなど各種アプリと連携出来るという素敵さ。

有料といいつつ7日間お試しが出来て、半年利用するなら100円。買い切りなら320円と価値あるアプリでした。

同期前にGarminでデータをチェックする。

さてHealth Syncで同期を行う前にGarminのデータ内容を要チェック。

心拍データがちゃんと計測されている事が確認できました。ではいよいよ Health Syncで同期スタートです。

同期元の選択から!いろいろ沢山選べる

Health Syncを起動した際に出てきたのはデータ同期元の選択となります。

最近は活動量計を使用する方が多いと思いますが、サムソンのスマートウォッチなど利用者多いんでしょうかね?トップに掲載されていました。とりあえず私はGarminを利用しているのでGarminを同期元としてとして選択すると・・・

おー!Garminから複数転送できるんですね。とりあえず私はFitbitアカウントもあるので転送先はGoogleFitとFitbitの2つにしてみました。

各種アカウントチェックへ

転送元と転送先の選択が終わった後は、転送元・転送先それぞれのアカウント確認を行う必要があります。

Fitbitアカウントに接続してデータ連携の設定っと!

アカウント認証後にどのデータを連携するかの確認画面が出てきます。

どうように順次各サービスのアカウント認証およびデータ連携すると無事に準備完了です。

まずは手動でデータ同期してみた!

今回はデータ同期元にGarminを選択しましたのでGarmin Connectを起動しデータをスマートウォッチなどから取得すると、自動的にHealth Syncがデータ連動してくれます。

しかし昨日分のデータ同期したかったの手動で日付を選択し同期実行!

すると無事に各データが自動で連動してくれました。

念の為自動同期も実行!

maijun
maijun

やっとGarminデータをGoogleFitへ同期できた(;_;)

ちなみにFitbit側も同期できているか確認してみます。

ちゃんとFitbitにも歩数が同期されてました!

これはかなり嬉しいですな。今までいろんなスマートバンドやスマートウォッチを利用していた当方としてはデータ一元化できるのが本当に嬉しいです。

特にGoogleFitへ記録できたのがサイコーです。

スポンサーリンク

注意点!GoogleFitアプリで一部無効化が必要

さてGarminなどのスマートウォッチで歩数やアクティビティのデータをGoogleFitへ連携できるようになりましたが、GoogleFitアプリ側で一部設定の無効化が必要です。

それはスマートフォン単体でのアクティビティの記録を無効化。

スマーウォッチなどで計測しているデータとスマートフォンのデータが重複計測されちゃうんです。よって正しい歩数管理する為に、スマートフォン側の自動記録は無効化する必要があります。

maijun
maijun

これしないと歩数が多くなります!

スポンサーリンク

まとめ

Health Syncを用いることにより、ようやくGoogleFitでも各種データが集約出来ることになりました。

Health Sync
Health Sync
開発元:appyhapps.nl
無料
posted withアプリーチ

しかし最近の情勢を見るとこのアプリも今後は不要になるのでは?とも予想しています。それはGoogleがfitbitを買収したからです。

Google、Fitbitを約21億ドルで買収
Googleが、スマートウォッチメーカーのFitbitを買収することで合意したと発表した。買収総額は約21億ドル。Googleのハードウェア責任者のオステルロー氏は「Wear OSにさらに投資し、Made by Googleウェアラブルデバイスを市場に導入する」と語った。

2020年以降にウェアラブル市場に向けておそらくGoogleが新商品やサービスを提供するのではないかと思うんですよね。事実Googleはヘルスケア分野はAppleに比べて遅れていますので、猛攻勢しかけてくるのではないでしょうか・・?

まぁそれまでの間、まだ既存のアクティビティトラッカーではGoogleFit連携できませんので Health Syncを用いてしばらく楽しんでみます!

以上、GarminデータをGoogleFitへ連動できるアプリ Health Syncのご紹介でした。

ガジェット
スポンサーリンク
このブログ主をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
ネットプレイな日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました