ミスの種類は何なのか?

シェアする

毎週水曜日はオニオンズさんの練習日って事で本日も訪問!

さて前回からの課題、「足が動かない」は、フットワークを工夫して何とか解決に向かいつつあります。

しかし今日は別の問題が多くあったと自己分析。何が問題なのか?それは・・

ミスが多い!

いろんなミスが本日は多かったです。「集中してない」と言われればそれまでですが、どんなミスをしたのか振り返ってみると以下の3つに分類できました。

1.無理をしてミス
相手のロングサーブやクリアーがナイスコースで、少し厳しい体勢なのに 無理してスマッシュして自滅。相手ショートサーブが抑えられてナイスコースなのに無理してプッシュしようとして自滅。

無理をしてミスするパターンですね。素直に守るショットをすれば済む問題ですね。

2.狙いすぎてミス
チャンス時にスマッシュなどでサイドコースをギリギリ狙ったり、クロスへのドリブンクリアーを奥まで狙ったりして若干のアウトが何回かあり。

狙わないと相手に攻められるのでチャレンジしてコースを突いているのに、裏目に出ちゃうパターンです。これはミスとしては一番良いミスだと自分なりに解釈。

精度を徐々に上げれば良いですもんね。

3.単純凡ミス
一番駄目なミスですね。ネット前にふわっと上がってスマッシュチャンスなのにネットに引っかかったり、あらぬ方向にスマッシュが行ったりなど全然駄目なミスです。

これは話にならないレベルですね。

以上を考慮し減らしていく必要があるミスはどれかを考えるとやはり1と3ですね。

  • 守るショット?攻めるショット?打つときに考えながる事。
  • 凡ミスをしないように集中する事。

以上の二点を考慮して次回練習に備えてみます。

目指せ!ミス減少!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ジュン
バドミントン・テニス・卓球・バレーなどネットがあるスポーツ大好き人間。仕事がIT系なので稀にインターネット関係の事をつぶやいたりします。2013年頃からブログ運営が身バレし、色々と楽しみながらブログ運営をすることに決め毎日楽しんでます。 プロフィール詳細





シェアする

楽天市場
ラケットは楽天市場が品揃え豊富
 
関連記事

関連記事